不動産投資は失敗する可能性が低い|安定収入が見込める

損益分岐ラインを下げる

グラフ

不動産投資で失敗のリスクを下げるためには、損益分岐ラインを引き下げるために新築物件よりも中古の優良物件を探すなどといった投資対象物件の購入コストの削減が大切です。綿密でできる限りシビアな売却計画の立案、そして相場次第ではいつでも売却するという前提で随時不動産相場を確認するスタンスが重要になります。

読んでみよう

成功は初期投資の抑制です

一軒家

投資にはリスクが付きもの

不動産投資に人気があるのは失敗するリスクが小さいからです。株投資は大きく収益を上げることが可能な反面、失敗すると全てを失うリスクがあります。不動産投資でもマンション経営の場合は大きな収益を上げることはできませんが、毎月安定した家賃収入があります。万一株価が暴落して金融市場が混乱したとして、最悪の場合でも土地という資産を手元に残すことができます。資産を運用して増やそうと思ったら、ある程度のリスクは覚悟して投資をする必要があります。失敗を恐れていては何もできませんが、やるならできるだけリスクを小さくすることです。その点、不動産投資は初心者でも行うことができる投資です。不動産投資には駐車場経営、アパート経営、マンション経営があります。最もリスクが小さいのは駐車場経営ですが、その代わり収益率が最も低いです。

収益率を上げるための方法

最も安定した家賃収入を得られるのがマンション経営です。マンション経営で失敗するケースの特徴は、初期投資にお金をかけすぎることです。例えば自分の土地にマンションを建てる場合、入居者確保のために豪華な造りにすると建築資金が上がります。全額自己資金なら問題ありませんが、ほとんどが銀行融資を利用します。そうなると毎月のローン返済が多くなります。いくら家賃収入があってもローン返済に出て行ってしまうと収益率が下がります。空室が立て続けに発生すると、家賃収入が減ってローン返済ができなくなります。そうなるとマンションを手放すことになります。それを防ぐためには初期投資額を減らすことです。ローンの返済を抑えれば抑えるほど収益率が上がって、マンション経営は成功します。

初期投資額の抑制が大事

アパート

不動産投資といえばマンション経営ですが、初期投資額が大きすぎると失敗する可能性が高くなります。マンション建設資金を銀行から融資してもらうわけですが、家賃をローンの支払いに当てるわけです。初期投資額が大きすぎると家賃では足らなくなり、赤字になることがあります。失敗のリスクが小さいのは駐車場経営です。

読んでみよう

セミナーに参加する重要性

女性

知識を得ることで、自分が何を行っているかを把握できます。不動産投資を始める際には、まずは知識を得ることが重要です。セミナーに参加することで、不動産投資に関わる全ての知識を得ることができます。また、自分に合った不動産投資会社を選べるため、失敗するリスクを大きく下げることが可能です。

読んでみよう